思わぬトラブルに備えるためには海外旅行保険への加入がおすすめ

予期せぬ事故でも安心!海外旅行保険の魅力について触れてみよう

安心して海外に行くためには

異なる文化を持つ海外に行く際は、事前に海外旅行保険に入っておきましょう。

よく発生するトラブルを確認する

海外では具体的にどのようなトラブルが発生するのか確認してみましょう。

マップ READ MORE

旅行以外でも利用できる各種保険

留学やワーキングホリデー、出張で利用できる保険をチェックしましょう

相談 READ MORE

旅行中にアクシデントが発生しても安心です

海外旅行保険に加入しておけば、色々な補償が受けられますよ。

保険は海外での心強い味方

女の人

海外旅行保険ってどんな保険?

何かしらのトラブルに見舞われることなく、無事に日本に帰国することが1番ですが、海外では色々と想定外のことが発生しがちです。旅行中に病気やケガをした際の医療費や盗難に遭った場合にちゃんと補償してくれるのが海外旅行保険になります。金銭的な補償だけではなくて、そのほかのトラブル処理や現地での日本語サポートなども受けることが出来るので、非常に便利な保険です。

旅行先でのトラブルに備えておくのがベスト

旅行中では環境の変化で体調を崩したり、ケガをしたり持ち物が盗まれてしまうアクシデントに遭遇することも十分考えられます。海外では日本の健康保険は使用することが出来ないうえに、日本と比較してみても医療費や入院費ははるかに高額な場合が多いです。こういった事態に備えるのが海外旅行保険になります。インターネットから申込み可能なので、出発前に加入しておきましょう。

海外旅行保険の魅力BEST3を発表!

海外でも日本語のサポートが受けられる

no.1

もし旅行先でケガや事故に遭った際に利用するのは現地の医療施設でしょう。その際に発生しがちなのが、言葉が思うように通じないという言語リスクになります。

ですが、海外旅行保険に加入していれば、問題ありません。保険に加入していると、現地での24時間言語サポートを受けることが出来ます。そのため、日本語しか話せない人でも安心ですよ。

言語リスクが解消されるこのサービスは非常に大きな魅力と言えますね。

キャッシュレスで治療費が払える

no.2

海外旅行先では日本の健康保険は適用されません。もし海外で病気やケガをしてしまった場合には、高額な治療費がかかるので注意が必要です。

そこで、海外旅行保険に加入していれば高額な医療費をキャッシュレスで支払うことが出来ることが魅力として挙げる人が多いです。

なお、万が一自分で治療費を払ってしまった場合でも、帰国後に保険会社へ治療費を請求することが出来るンド絵、補償額までの自己負担はかかりません。

家を出てから空港に行くまでの事故も補償

no.3

よく海外に着いた際に加入した保険が適用されると勘違いされがちです。しかし、海外旅行保険は出発前に加入しておけば、非常に魅力的なサポート内容が付いてきますよ。

そのサポートというのは、海外旅行保険では自宅を出て空港に到着するまでに国内で発生した事故などでも補償してくれます。

国内でも予期せぬアクシデントに遭う可能性もあるので、出発前にこのようなサポートが付いていると非常に心強いでしょう。

海外旅行保険を利用している人たちの口コミ

海外に行く際に必須です(30代 女性)

旅行とはいえ何が起こるのか分からないのが海外ですので、旅行の際は海外旅行保険は必ず加入しています。やはり保険に加入していると余裕が持てますね。海外に行く際は加入した方が良いですよ。

急なトラブルでも安心(30代 男性)

アメリカにて、機材トラブルで飛行機が欠航になった際に海外旅行保険のありがたみを本当に実感することが出来ました。発生した料金も全て請求することが出来たし、電話での対応も親切でした。

細かなプランが良い(40代 男性)

渡航先と日数によって細かく料金プランが設定されているので、自分に適した保険を選ぶことが出来ますね。ネットから申し込むとお得に感じました。これからも海外に行く際は利用したいと思います

旅行中に体調不良に(50代 女性)

旅行中に体調が悪くなり、急遽現地の病院に行くことになりましたが、その際の対応がスムーズでかなり良かったです。帰国後に治療費用も出してくれたので、海外旅行保険に加入して助かりました。

三井住友海上の海外旅行保険が安心?
プラン内容を伝授! 海外留学保険をピックアップ☆
最良のプランがきっと見つかる♪ 海外旅行保険に加入しておこう
旅先でのトラブルに備えよう ファイナンシャルプランナーにお金の相談をしよう
専門家をサイトで検索☆

加入はネットで!パッケージ商品には注意

海外旅行保険は、自宅を出発した際に補償がスタートされるため、出来るだけ出発前に加入しておくのがおすすめとなります。また、インターネットでの加入が迅速で格安となっていますが、商品選択には注意が必要ですよ。

ついおすすめパッケージを選ぶことがありますが。死亡保障や高度障害など、既に民間保険や共済で保証されている場合は、それらを把持して必要なものだけを選ぶことが出来ます。これが、重複を避けて保険料をなるべく下げるためのポイントなります。