海外旅行保険の種類と加入先の窓口などをチェックしましょう

HOME > 海外旅行保険の種類

海外旅行保険の種類

留学性専用タイプの保険

海外旅行保険と同様ですが、留学生などの長期海外滞在者向けの特約付与されているのが、留学保険と言います。留学生特約では「生活用動産」や「個人賠償責任」などがあります。留学はトラブルに遭遇する確率も上がるので、加入するようにしましょう。

ワーキングホリデー保険

ワーキングホリデーを対象にした保険もあります。ワーキングホリデー保険と留学保険は同じに見えますが、留学保険ではセット出来る特約がワーホリ制度ではセット出来ないなど補償内容に大きな違いがあります。

長期出張・駐在員用の保険

海外に駐在や長期出張、そのほかにも長期で海外に行く際の保険制度になります。大体3か月~1年間までのプランを用意しています。また、クレジットカードで渡航日当日まで加入が可能なっているのが特徴です。

長期汎用タイプの海外保険

この長期汎用タイプの海外保険は、観光や商用、留学、ワーキングホリデーなど様々な海外渡航者向けの長期海外保険となっています。様々な目的で海外に長期滞在される方は加入することが出来ますよ。

相談

海外旅行保険の加入先5つを紹介!

空港のカウンター・自販機

海外旅行保険に加入するのをすっかり忘れて空港で気が付いた際に助かりますね。いざというときにはこうしたものを利用すれば良いですが、出発前は何かと忙しいですし、補償の内容をちゃんと検討する時間も少ないでしょう。

できれば、出発する当日ではなくて前もって加入することをおすすめします。

インターネットを利用する

最近ではインターネットを利用して保険の契約が行えるようになりました。その際に保険証券を忘れないように気を付けましょう。現地で何かあった際に必要です。

また、海外旅行保険に限りませんが、インターネットの場合は保険の内容を自分で勉強して理解をしないといけません。理解して必要な補償をつけることです。

実際に保険代理店に行く

プロの代理店と呼ばれるところや旅行会社などがこれにあたります。きちんと説明を受けて何か気になる点や不明な点があれば、きちんと相談に乗ってくれるところが良いという人に向いています。

一方で、対面形式で保険の契約を行なうのは煩わしいと感じる人には不向きと言えるので、他の方法が良いでしょう。

クレジットカードを使う

クレジットカードに海外旅行保険がついているものが増加しています。カードがあれば保険に加入する必要がないので便利ですね。最近ではこの方法を利用している人が増えています。

ただし、カードやグレードによっては補償内容などが異なるので、補償が十分かどうかを事前に確認しておく必要がありますよ、

海外旅行保険にかかるお金をチェックする

海外旅行保険にかかるお金をチェックする

海外旅行保険の金額は補償の内容によって異なりますが、参考となる金額は次になります。香港(4日間)だと1600円ほどから、ハワイ(5日間)だと3000円程度、フランス(7日間)だと3000円程度かかるでしょう。

また、長期滞在の場合は行動範囲や補償内容によって金額が大きく変化していきます。タイ(30日間)の試算では、1万円以下でも加入できるものが多いです。そのため、長期の場合もちゃんと検討した方が良いでしょう。

海外旅行保険は安心をお金で購入するようなものでもありません。せっかくの楽しい旅で「病気やケガになったらどうしよう」と常にびくびくしてしまうのはもったいないです。保険とだけ聞くと、お金もかかるし手続きや契約などで面倒なイメージがありますが、海外旅行を思いっきり楽しむための必要なツールとして考えてみると良いですよ。旅行中に何かしらのトラブルに遭ってしまったら、不安でいっぱいです。前もって保険に加入することで、安心して出発できます。各保険について詳しい情報が見たい人は、比較検討サイトを活用すると非常に便利ですよ。

私たちはこの流れで保険に加入しました!

ネットを利用しました(30代 男性)

あらかじめパソコンで保険の比較検討サイトを参考にして、自分でプランや補償を考えて保険に加入しました。自分で考えないといけないのでそれなりの知識は必要でしたが、最終的にコストを削減して出来ましたよ。

代理店にお願いしました(40代 男性)

初めての海外でよくわからず不安なので、代理店に行って保険に加入していきました。スタッフの方が丁寧に説明してくれて助かりました。安心して保険に入れたので、初めてで分からない人にはおすすめです!